【生後100日】お食い初めはお店におまかせ!「梅の花」に行きました。

おマメさんも生まれて100日以上たっております。

 

 

お食い初めって何それ?

そもそも100日のお祝いって何なのかよく分からない!?

お食い初め!?

でも、食べられないんでしょ???

 

調べてみるとこの先ご飯を食べていくことに困りませんようにと言う儀式的な物のようです。(超ざっくりな理解)

このとき私は、あれだ!漫画の銀の匙で読んだ銀の匙の由来だそれの日本バージョンか!とか思ってました。

 

なんにせよ絶対にやらなきゃいけないわけではないんだよなーと考えつつ母に聞いてみると、何故か鯛が用意出来なかったのでステーキ食べたと言う思出話を聞くはめに。

とりあえず、私はしてもらったことを確認し、ならばおマメにもやってあげようじゃないかと言うことになりました。

 

お食い初めをするために

お食い初めセットなる物を通販することも出来るようなんですが値段もピンキリ。

 

あと旦那さんの実家にはお食い初め用の食器がどこかに眠っているらしいとは聞いていたのですが、男の子と女の子用で違うとかいろいろあるようで、正直どこまで気を使っていた方がいいのかわかんなーい。

 

なんだか義両親も楽しみにしているようで、生後二ヶ月ぐらいからお食い初めどうするの?と聞かれ続けておりましたし。

 

色々考えたのですが、周りの皆さん言うだけ言って最終的には、お母さん(私)が好きなようにするのがいいよとか放り投げてくる。

 

そんなー。責任重大じゃないですか。

 

そして悩みに悩んだ末、考えるのが面倒臭くなりました。

 

ということで今回はお店に丸投げしてみることに!(私も放り投げました)

 

湯葉のお店、梅の花

私は知らなかったのですか、梅の花はゆば専門店。

チェーン店なので北海道から九州まであるようです。

実際このお店、旦那さんの会社の先輩にお食い初めができるお店として教えていただきました。

ありがたや~。

 

最初はどうでもよさそうにしていた旦那さんですが、先輩に話を聞いてから乗り気になったようです。

なんて影響を受けやすい人なんや……。でも考えてくれるようになっただけ良かった!

 

こちらは何も準備せず予約するだけ!

お食い初め膳とは別に鯛もつけることができるという事で、鯛も注文。

大人が食べるものはメニューにある梅の花(4320円)以上の物から選んでくださいと言われました。

そこらへん店舗によって異なるかもしれないのでご注意を。

 

今回湯葉のお店ですが、行ったことがあるという義母の「若い人は湯葉たくさん食べても物足りないと思う」という言葉を受け「椿(5000円)」を選択。

 

いざゆかん!

予約して通されたお部屋は座敷に椅子がありました。

足の悪い義母も安心。

おマメ用にはベビーラックがありました。

ベビーチェアーにもなるやつで、まだ首がすわってないので寝かせた状態で使用。

 

そして待ちに待った、お料理!

 

f:id:atui_otya:20161223202443j:plain

お食い初め膳(2000円) 

 

f:id:atui_otya:20161223202511j:plain

 焼き鯛(3250円)

 

鯛は持ち帰ることもできます。

意外と大人の料理って量があるので私たちは、半分その場で食べて半分持ち帰ることに。

 

お食い初めの手順が書いた紙も用意されていました。

食べ物一つ一つも意味とかも書かれていて勉強になる。

お食い初めの儀式が終わったら夫婦でお食い初め膳食べましたよ。

 

大人の料理は写真撮り忘れたんですが、豚肉と豆腐が美味しい。

田楽も初めて食べたんですが、これまたモッチリしていてくどくないお味。

なにを食べても美味しくてお腹いっぱいになりました。

 

あと、記念撮影してもらえます。

必要な枚数印刷までしてくれるので義実家分と家の分、そして私の実家に送る用に三枚いただきました。

 

任せてよかったお食い初め

初めての子なので奮発してしまいましたが、大変満足でした。

 

ただ、気を付けなければいけないのは飲み物は別料金ということです。

 

食べ始めるまで忘れていましたが義母は強酒。

祝い事とあって上機嫌でお酒はどんどん進みました。

途中でお金足りるか心配になりましたが、多めに持って行っておいて良かった!

 

普段、宵越しのお金しか持ってないので記念日なんかは多めに持つのは大事ですね。

 

おまけ

f:id:atui_otya:20161223225148j:plain

広告を非表示にする