結婚式の招待状④エクセル編 ~ペイント、ワード、エクセル、があれば何とかなったオリジナルデザインの料金別納郵便マーク~

間が空きましたが続きです。

 

 

エクセルでの加工

まず、作った料金別納マークのファイルを開くか、ダウンロードしてきたものを「挿入」→「図」から選択します。

 

f:id:atui_otya:20160629110051j:plain

同じように描いたイラストも挿入。

 

f:id:atui_otya:20160629110323j:plain

f:id:atui_otya:20160629110357j:plain

今回も背景が白いことが気になるのであれば、「書式」→「背景の削除」で透明になる部分が紫で表されます。この場合鼻も透明に……。

 

f:id:atui_otya:20160629110437j:plain

f:id:atui_otya:20160629110542j:plain

鼻の部分は透明にしなくていいので「保持する領域としてマーク」を選択。カーソルが鉛筆の形になったら保持したい部分をクリックするか、ドラッグさせます。白くなったら保持されています。選択範囲も小さい場合はイラスト大に広げて「変更を保持」をクリック。

 

f:id:atui_otya:20160629110635j:plain

サイズを調節して、グループ化。これで完成です。

やったー出来たー!そして説明へたくそですみません。

 

そして印刷に移ります。

 

ワードで印刷

まず、「ページレイアウト」→「サイズ」から使用する封筒の大きさを選びます。

 

f:id:atui_otya:20160629110756j:plain

この時選択肢にない場合は「その他用紙サイズ」を選択し、場合は定規で測って幅とサイズを入力してもいいと思います。

 

f:id:atui_otya:20160629110939j:plain

それが終わったら封筒を横書きにするなら「印刷の向き」で横向きに。

「余白」を「狭い」もしくは「ユーザー設定の余白」で余白を上下左右全て0にしてしまいます。

この時「余白が印刷できない領域に設定されています。~」とでますが余白ギリギリに何かを印刷する予定もなかったので、わたしは「無視」を選びました。

 

あとは「挿入」→「図」から自分で作ったマークを挿入。

 

f:id:atui_otya:20160629113647j:plain

 

f:id:atui_otya:20160629113917j:plain

最初は作ったときのままのサイズで挿入されるので、右クリックして、下に出てくるサイズを既定のサイズの30mmに変更。

 

f:id:atui_otya:20160629114021j:plain

これで大体は形になりましたが、マークの位置を変えなければいけません。

横長の封筒の場合、切手の位置は右上に来なければならないのでマークを右上に移動します。

 

f:id:atui_otya:20160629115109j:plain

f:id:atui_otya:20160629115248j:plain

マークを左クリックして「書式」→「位置」から右上に図がある物を選択。

あまりにも余白ギリギリにあると印刷が途切れることもあるので、任意で動かして微調整しました。

 

f:id:atui_otya:20160629115813j:plain

あとは「ファイル」→「印刷」でチェックしてよかったら印刷します。

図のように端が切れていることもあるので、その時は戻って自分で調整します。

 

おまけ

f:id:atui_otya:20160629122702j:plain

f:id:atui_otya:20160629122753j:plain

こんな風になります。封筒がなかったので、封筒の大きさに紙を切って印刷しました。

これにあて名書いたりして出します。

 

何度もしつこいようですが、まずは一枚だけ印刷し郵便局へ持って行って確認してください。せっかく最後まで作ってすべてダメだったら、すごく嫌になってしまいます。

 

結婚式の準備はすごく大変ですし、だんだん考えるのを放棄したくなります。

そんな時に一つの事がダメだと全部が不安になる物です。

ある程度余裕をもって、小さなことでも確認を何度もするようにしてください。

 

 

前回まで↓

 

atui-otya.hatenadiary.jp

 

 

atui-otya.hatenadiary.jp

 

 

atui-otya.hatenadiary.jp