読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

写真はデータである

f:id:atui_otya:20160506224134j:plain

写真を現像するぞう!

と言う事が最近全くありません。昔はインスタントカメラ持ち歩いてたりもしたのですが、今じゃ使う人見かけませんね。
そもそもスマホやデジカメの中にデータとしてあるからわざわざ、印刷する必要がないと感じてしまいます。

 

でも私、データって見返す事があまりないんです。スマホだったらいつも持ち歩いているので、ふと、手にして見返そうと言う発想に至らないからでしょうか。
スマホの中の写真データは随時増えていくので、もはやどこに何があるのか分かりません。機種変更なんかでデータがダメになったものもあります。

 

てことで、アルバムを作り始めました。

 

アルバムは作るもの

自分の幼少期はアルバムに1枚いちまい写真を張っていくものがほとんどでしたが、今はデータの時代。写真屋さんでオリジナルアルバム作れるんですね。

それはそれで高くつくので難しいところ。

何だか高校時代の卒アルみたいです。今回は作ることを目的として普通に貼るタイプを選択。なかなか自分の欲しいサイズが売ってなくて困りました。

 

現像ではなくおうちで印刷

これは楽ですね。写真屋にもって行かずにすみますし何日後なんて事もない。インクと写真用紙の消費は激しいですが。
ただ、印刷し始めて全部は必要ないし面倒になってきて途中からは厳選して。それでも時間はかかりました。
データも定期的に整理した方がいいです。これなんで撮ったんだ?と言うものもありました。

 

印刷が終わればあとは貼るだけだー。なんて思っていた時代が私にもありました。

何百枚もの写真が、一冊のアルバムに収まるはずありません。切ったり張ったり印刷したものの中から更に厳選。なかなか終わらない。

 

でもこんなにあったら、データで見返すのももはや作業になりますね。厳選したものを収めるというのは、保存する物としていい方法かもしれません。

形が見えない物の扱い方って考え物です。自分の中で確立していくことができたらいいな。

広告を非表示にする