私、親知らずも銀歯だってよ

f:id:atui_otya:20160428222416j:plain

虫歯治療レポーターになっております。
どうも、厚井おちゃです。
さて今週の治療は右上の歯でしたが、それより最初に悲しいお知らせが。

 

 

来週から始まる

悲しみの銀歯2ヵ所目が決定しました。
親知らずだそうです。
でも、親知らずって抜くパターンが多いからラッキーな方なんでしょうか?簡単に抜かない方針?
親知らずって生え方にも寄るんでしょうけど、治療する人は歯をを抜いてその空いたところを縫うってのを図解で友人に説明されました。これ、手術じゃん!とビックリしたことを覚えてます。親知らずを綺麗に生やす方法があればいいのに。

 

今回は虫歯でなかった

治療中から、これは歯石じゃないのかみたいな会話が顔の上を飛び交っていました。歯と歯の間にある黒い部分。これが虫歯なのか歯石なのか。しかもものすごーく小さな隙間らしくて、ウィンウィン、ガリガリされながら先生がもっと細いのないって単語をなんども耳にしました。歯医者にある細い機械を総動員しても治療が難しい場所だったようです。

で、結局歯石でした。よかった。家に帰ってから小さな鏡で口の中確認しましたが確かに黒かった所がなくなってました。なんでも歯の上の方は隣とぴったりくっついてるのですが根元になると隙間が出来てそこに物が詰まりやすいそうです。
あんまりハッキリは言われませんでしたが、多分今回取れてもまた詰まりやすいのは変わりないので自分でも気を付けて綺麗に磨いて欲しいと。定期的に歯石とりにきた方がいいよという意味を感じとりました。違うかな?
それにしても結構口開けっぱなしで疲れました。顎が疲れるってなかなかないですよね。これで奥歯の治療ってなるともっと大変だな。

 

色々歯の事を調べていると、ついでに自分の歯のホワイトニングなんかも一瞬夢見ましたが、夢で終わりました。 

歯の治療って本当に高いね。

神経とおってるからそりゃそうなんですけど。

日本はもうちょっと歯の治療を推奨してもいいと思う。

 

治療ヵ所あと2ヶ所。これ以上悪くならないよう頑張ります。

広告を非表示にする