結婚式の招待状③ペイント編 ~ペイント、ワード、エクセル、があれば何とかなったオリジナルデザインの料金別納郵便マーク~

続きです。

 

 

もちろん絵なんか書きたくないって人もいるとは思います。そういった場合は著作権フリーのイラストを使ってデザインするのが簡単です。私も、悩みに悩んで3種類ほど作りました。取りあえず出す人に気を使って友人はコレ。親戚はコレ。といった使い分けをしました。(そんなにいらないし、郵便局でこのマーク使えますかって三つも出すのちょっと恥ずかしかった思い出が。)

以下、ペイントを使って描いたものを印刷するまでです。

 

デザインできるところに張り付けるイラストや文字を描く。

これは、ペイントにエクセルで作った料金別納マークをコピー→貼り付けをしてから拡大して直接描いてもいいです。というか、その方が簡単です。ただ、いろいろ細かく書きたい場合は別々にした方が後からイラストだけを縮小してバランスを取ったりもできるので、お好みで作業してください。

ひとまずペイントで絵を描くべし!

そしてしっかり保存。

 

ここで注意したいのが結婚式の日付などの「数字」をデザインに入れること。

料金別納には消印は押されませんが、消印と混同することを回避するため数字が入った別納郵便マークが使えない郵便局があるそうです。(使えないというか、責任を負えないので許可してもらえない)

これは郵便局によって返答が違ってくるらしいので、絶対に印刷してしまう前にサンプルを持っていき郵便局に確認してください。

 

次はペイントorエクセルどちらで加工してもよいので二通りの方法を載せます。

どちらかというとエクセルの方が画像が粗くなくていいと思います。

 

ペイントでの加工

f:id:atui_otya:20160415111228j:plain

エクセルで作った料金別納マークをコピーしてくるか、ダウンロードしたものを開いてください。

 

描いた絵を開いてコピーします。「ホーム」→「選択」→「すべて選択」

 

また料金別納マークに戻り「貼り付け」この時料金別納マークが消えているように見えますが、画用紙に描いた絵をそのままポンと置いた状態になっているので見えないだけです。

f:id:atui_otya:20160415112804j:plain マークが隠れて見えない状態。

f:id:atui_otya:20160415112321j:plainf:id:atui_otya:20160415112836j:plain

こういった場合は「選択」→「透明の選択」で背景が透明になります。画像を小さくするので白いままでもよい場合はそのままで。(画像が保存できてい無かったので別の画像になっています。)

 

f:id:atui_otya:20160416143052j:plain

後は「サイズ変更」からイラストのサイズを調整。貼り付け位置も調整したら出来上がりです。

f:id:atui_otya:20160415113334j:plain

 

次回、エクセルでの加工

 

 続き↓

 

atui-otya.hatenadiary.jp

 

前回まで↓

 

atui-otya.hatenadiary.jp

 

 

atui-otya.hatenadiary.jp

 

広告を非表示にする