とんとんかんかん。

旦那さんへ

 やる気があるのは大変良いことですが、時間を考えてください。

 

 

 

好きなのは知っているから、やめてとは言いにくいけれども

夜になって工具持ち出して、とんとんかんかんしないでくれ。

我が家 イズ ザ・賃貸。

ご近所迷惑じゃい。

 

最近は車の助手席にテーブルを作ろうと、あれこれしております。

助手席って私が座るところじゃないか。

車って何かあったとき、ごちゃごちゃしていると怪我の原因にもなるので

私は見えるところに物を置かない派です。

ダッシュボードの中に、CDとテッシュぐらい。

対して旦那は後部座席にCDや雑誌など置いています。

 

まぁそんなことはさておき。

 

帰ってくるのが遅いのはしょうがない。

だとしてもせめて音を立てない作業にしてほしいです。

そんな作業もうないって?

じゃあ今日はやめとこうよー。

 

なんというか、時々こういった「実家暮らしが抜けてない」ということを思い知らされます。

学生のころはアパート暮らししていたのに、なぜでしょう。

ちょっと考えてみましたが、そもそもアパート暮らしとかそんなこと考えない人だった……。

 

 

そもそもアパート暮らしでも音に鈍感だった

昔、私の原付の調子が悪い時、今度見てほしいと頼んだ時がありました。

そして見に来たのは夜中。

暗いから見えないでしょうと言ったのに見続ける。

特に期待していなかったので、ちょっと目を離したらいきなりエンジンをブオンブオンとかけ始めました。

夜中の11時過ぎ。

けっこうな住宅街。

もちろん注意を受けました。

 

私が。

 

なんか、思い出したらまた腹が立ってきたー。

 

 

注意しても聞きやしない

車のスピーカーもめちゃくちゃうるさいんだよなー。

こればっかりはどうにもならない。

アパートの騒音は、さすがに周りに迷惑をかけるからやめて欲しいと何度か注意してるのですが。

これくらいならいいだろうと思ってやっちゃうみたいです。

どうしたらやめてくれるのか。

 

全てを禁止されたら誰だって嫌になるのも分かりますが、自分本位によりすぎなんだよなーと思います。

これに対して私がチクチク言っても、ストレスになって喧嘩になるのは目に見えてますし。

どうしたら解決するのか、もはや持久戦となりつつあります。

広告を非表示にする