読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

確定申告の時期なのに源泉徴収票がこない。

母のレベル上げ-その他

 確定申告は去年経験済みですが、取り掛かるまでが面倒臭かった覚えがあります。

 「源泉徴収票」それがないと何も進まないという、大事な大事な紙。

今年も早くやってしまわないと。

マイナンバーなんてものが出てきたし、やり方が変わってたりするのかな?

 

 

 なかなか届かない源泉徴収票

辞めた会社のお局様に電話するのはとても怖かったなぁ。

私自身その方と何もなかったんですが、事務員や先輩からいろいろ話を聞いていたので。

先入観は駄目だと思いつつも、なんだかいつも緊張してました。

このときはハローワークに早く行きたいのもあったので、一カ月ほどで電話しました。

その時のお話では、源泉徴収票の発行は外部に委託しているので会社に届かないことにはどうしようもないとのことでした。

私の場合いったん実家に帰ることが決まっていたので、そんなに切羽詰っていませんでしたが、次の職を探す人はすごく困りますよね。

 

 

短期派遣もしてました。

そのとき12月は働いていないので結局確定申告は自分でしなければなりません。

その時はまぁ確定申告までに源泉徴収票もらえればいいや、と思っていたのですが2月過ぎたので。

ちょっと調べたら一年間働いた分は翌年の1月31日までには発行義務があるようで・・・・・・。

あれ、もしかして交付してくれない派遣会社なの?とすごく警戒。

 

というのも、派遣の事に関して全然知識がなく家の近くで登録ができるということで派遣会社を選んだのですが、ちょっといざこざありまして。

他の派遣会社から派遣されている方からも、派遣会社変えてウチに来なよなんて言われる始末。

取りあえず、もし発行されない場合はどうするんだと調べたりしました。

 

もし発行しないぞ場合は「不交付届」を出すのね。

会社も税務署からいろいろ言われたくないから、原生徴収くれないなら「不交付届」だしちゃうぞーってけん制すればいいのね。

うん。うん。わかった。

 

ということで電話。

「はい。株式会社○です」

「あの、おちゃという者ですが確定申告のために原生徴収票が欲しいのですけど」

「少々お待ちください」

ちゃらら~

「はい、お待たせしました。今日は手続きをしまして明日には郵送させていただきます。」

「あ。はい。お願いします」

(細かい電話内容はあまり覚えていませんし、確かいろいろと他にも気にかかることがあったので質問したりしましたが、ざっくりした内容はこんな感じです。)

 

「・・・・・・」

簡単に出せるんじゃない!

てか、あれ?

皆に出すのが義務じゃないの?

最初っから出してよ!

 

なんだかよくわからないけど、じゃあなんで今日この日まで出してくれなかったんだ。とちょっと後になってイライラしてしまいました。

(法律に関しては無知なので他に交付条件とかあったらすみません。)

  

 

短期派遣なんかで確定申告必要な方、忘れられてるかもと思ったら電話すればすぐ解決するかもしれませんよ。