読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

結婚式の会場選び、まずは資料請求してみました。

地域を決めてしまえば、あとは会場です。

 

 

資料請求を沢山しました

会場選びのために、これでもかというぐらいパンフレットを取り寄せました。

パンフレットを取り寄せるだけだったら無料ですから。

資料請求にはインターネットを活用しました。

住所とか入れて後は資料請求だけ。

ついでに、まだ結婚していなかった旦那の方にも同じ資料が行くように設定し準備完了。

旦那と電話で、どこがいいか絞っていきました。

正直、資料請求しすぎて目移りしすぎるのもあるので要注意です。

熱心な会場さんは電話も来ましたが、まだだいたいの日取りしか考えていませんし遠方なので会場見学してから決めようと思ってます。といって終わらせました。

 

遠方なので

会場は、式場・ゲストハウス、ホテル、レストラン、など様々ですが私たちが探したのは

 

・式場・ゲストハウス

・ホテル

 

やはり資料を見ていると式場・ゲストハウスに惹かれます。

ホテルは遠方の方をお呼びするので、宿泊の確保がしやすいということを考慮しました。

式場もホテルと提携していて、式場を通せば安く宿泊出来るところもあるので要チェックです。

料金を抑えつつ、おいしい物を振舞うことができるという点では、レストランなんですが私の親族は年配の人も多く馴染みがないこともあり選びませんでした。

ここら辺は自分の好みと家族の意見です。

 

そんなこんなで、会場見学の場所を決めました。

 

 

目星をつけたら会場見学へ

これまたインターネットを活用してブライダルフェアや会場見学の予約です。

本当に簡単で、便利でした。

なにせ場所が遠いので、3連休なんかを活用しギチギチのスケジュールを組みました。

3連休といっても初日と最終日は地元に帰るための移動時間にほぼ取られるので、実質フルに動けるのは1日のみ。

私は無理して初日の夜に見学しましたが。

ブライダルフェアは時間が決まってるのでどうにもなりませんが、会場見学だけなら時間もだいたいの融通を利かせてもらえるので組み合わせていろいろ見て回りました。

 

フェアや資料請求していると、ちょっとしたお食事出してくれるところもあるので得した気分です。

小さい物ですが、一日にフォアグラ二回食べる日があるなんて思いませんでしたよ。

 

こうやって少しずつ進んでいきましたが、何事も早めだと後々楽ですよ。

広告を非表示にする